大山祇神社 神紋

隅切折敷縮三文字(スミキリオシキチヂミサンモンジ)という神紋です。

折敷(おしき)とは上古時代、樹木の枝葉を折り敷いて食器の代用にしたのを、片木を折り曲げ角盆にして用いるようになり、名だけは昔のまま折敷とよんでいるそうです。 そしてこの台の三面に孔をあけたものを俗に三方といい 折敷を紋章に選んだのは、神へのお供えを捧げるのに使われたことから、神聖なものと考え、これをかたどった紋章は折敷だけを使ったのはまれだそうです。

@日本神話語り管理人

   
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー: スタッフ日誌   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">