防府天満宮展 山口県立美術館 9/22〜11/6

語り舞台でいつもお世話になっている 防府天満宮(山口県防府市)が『防府天満宮展−日本最初の天神さま』と題した特別展を9月22日から11月6日まで 山口県山口市の県立美術館で開催されます。  特別展は防府天満宮に祀られる菅原道真公の生涯や天満宮の創建縁起などを書いた絵巻物など天満宮所蔵の国指定重要文化財など様々な関連文化財もあわせて展示されるそうです。 
なかでも「松崎天神縁起絵巻(まつざきてんじんえんぎえまき)」は、菅原道真公の波乱に満ちた
生涯と天神さまの秘話、そして防府天満宮創建の由来を色鮮やかに描き出す、鎌倉時代を代表する
絵巻です。今年は絵巻の制作(応長元年 1311年)から七百年目を迎え、五年間の修復を終えた節目の年となり、この絵巻の六巻、約七十五メートルからなる圧巻の全貌を公開します。知られざる防府天満宮の名宝と県内の関係文化財六十点とともに、防府の天神さまの千年以上にわたる軌跡の絵巻物です。  一度九州国立美術館でもみましたが かなり興味深い絵巻物で20分くらいその場にくぎ付けで見続けた記憶があります。天神さまのことがこれだけでよく分かるすばらしい絵巻物です。
学問の神様として有名な天神さまのことをこの機会にぜひご覧くださいhttp://www.yma-web.jp/houhu tenmangu

カテゴリー: スタッフ日誌   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">