焼津神社

409年に創建された焼津神社は、日本武尊(ヤマトタケル)が東方征伐の際に、この地の国造が謀って野原に火を放ち窮地に陥らせました。しかし、日本武尊は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ→日本書紀では草薙剣クサナギノツルギ)で周囲の草を薙ぎ払い難を脱したのがこの地であり、その日本武尊を主祭神として祀っている神社です。  @ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">