石清水八幡宮境内が史跡に選定

八幡神を祭神として平安時代に創建された石清水八幡宮は、淀川左岸の標高役120メートルの男山丘陵に位置します。古代以来の神社境内の趣を今に伝えるとともに、神仏習合の宮寺として坊舍などの遺跡も残り、我が国の宗教史を理解する上で重要として、文化審議会が史跡に選定しました。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">