月別アーカイブ: 5月 2011

盛岡八幡宮

201105251520000.jpg

八幡の大神様をお祀りしています。境内には岩手県神社庁と護國神社もあり、広大な境内は盛岡をはじめ、東北のかたがたの心の拠り所です。先日は安倍普三元首相が来られ、宮司が被災地についての説明をされたそうです。「語り舞台」では二回公演させていただいた盛岡八幡宮。宮司、職員さん、神輿の南会、熱い情熱一杯の神社です。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

音楽家チームより

しばらくご無沙汰でしたが三人より元気な写メールが届きました。 パーカッション 松井さん(左側)ヴァイオリン 田尻さん(真ん中)パーカッション 塩浜さん(右側) 三人揃うとにぎやかなブログになりました。@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

江島神社奥津宮

201105201637000.jpg

奥津宮のさらに奥に行くと、太平洋に向かって急な階段が二百段ほどあり、降り切るとそこは海抜0メートル。洞窟もあり探検隊になった気分です。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

江島神社

201105201555000.jpg

最初の鳥居をくぐり、あがったところから鳥居を振り返ると湘南海岸の街並が見えます。さらに長い階段を昇ると中津宮、さらに昇ったところには奥津宮があります。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

江ノ島神社の手水舎

NEC_1482.jpg

奥津宮の手水舎には鋳銅の亀がいます。いかにも海に囲まれた江ノ島らしい@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

多伎神社(愛媛県今治市朝倉村)

瀧の宮さんの名で親しまれ、起源は弥生時代後期(2、3世紀)ということらしい。雨乞いの神事が今でも行われ朝倉村と共に地域の方々に大切に守られてきた神社でした。 ご祭神 スサノオノミコト 多伎都比売命 多伎都比古命 多伎神社は奥の院を含めて3万坪に近い境内。照葉樹林を主とした自然林であるにもかかわらずきれいに整理された森林が古京都を思わせます。また奥の院を水源とする多伎川の清流、神橋中心に紅葉が群生し社殿周辺、朝倉村一体には50基の群集古墳があります。如何に代々大切に守られてきた地域であることかという日本古来の自然信仰の源に触れました。@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

祈ります

NEC_1447.jpg
カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

語り舞台ヴァイオリニスト田尻かをりさんからのお知らせ

201005271757000.jpg

チャリティーコンサートのお知らせ。 収益金は全て今回の被災地への義援金となります。 5/20(金) 18:00開場/18:30開演 鎌倉音楽クラブ主催 『春のコンサート』 鎌倉生涯学習センターホール (JR鎌倉駅徒歩1分)電話0467-25-2030料金1000円 ■出演:榊原糸野(チェロ)、佐藤悠紀(ウ゛ァイオリン)、礒部章子(ピアノ)、齊藤ちとせ(ソプラノ)、田尻かをり(ウ゛ァイオリン)、安藤京衣子(メゾソプラノ)、菱田啓子(ピアノ)、礒絵里子(ウ゛ァイオリン)、藤村俊介(チェロ) ガーシュインのポーギーとベスより小品3曲、他演奏 5/31(火) 18:00開場/19:30開演 愛 From Japan主催 『Ken Katayama with friends』 アートカフェフレンズ (JR恵比寿駅徒歩2分)電話03-6382-9050 3500円+ドリンク500円 ■出演:Ken Katayama(歌) 、田中裕悟(歌)、佐藤志穂(歌)、秋草しのぶ(歌)、蓮モナミ(歌)、杉浦良美(歌)、林夏子(歌)、田尻かをり(ウ゛ァイオリン)、斎藤敦子(ピアノ)、堀内なつみ(シンセサイザー)、立山秋航(ドラム)ほか《メッセージ》 私も演奏者として参加するだけではなく、入場料がそのまま被災地支援につながることを皆様にお伝えし、一人でも多くの方にお越しいただき、ご協力いただけますよう努め、心を込めて演奏することで私がチャリティーコンサートに出演する意味が見いだせるように思います 田尻かをり

カテゴリー: スタッフ日誌 | 6件のコメント

大山祇神社 神紋

隅切折敷縮三文字(スミキリオシキチヂミサンモンジ)という神紋です。 折敷(おしき)とは上古時代、樹木の枝葉を折り敷いて食器の代用にしたのを、片木を折り曲げ角盆にして用いるようになり、名だけは昔のまま折敷とよんでいるそうです。 そしてこの台の三面に孔をあけたものを俗に三方といい 折敷を紋章に選んだのは、神へのお供えを捧げるのに使われたことから、神聖なものと考え、これをかたどった紋章は折敷だけを使ったのはまれだそうです。 @日本神話語り管理人 //                    

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

大山祇神社(愛媛県大三島)

201105061256000.jpg

久しぶりに大山祇神社に参拝致しました。サファイアグリーンの瀬戸内海、しまなみ海道、新緑が美しい島々。檜の香りが漂う真新しいご神門、完成までもう少しです。 樹齢2600年の楠の木。本殿前に植樹されご神木として大切に祀られています。 @日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ