日別アーカイブ: 2011年5月16日

多伎神社(愛媛県今治市朝倉村)

瀧の宮さんの名で親しまれ、起源は弥生時代後期(2、3世紀)ということらしい。雨乞いの神事が今でも行われ朝倉村と共に地域の方々に大切に守られてきた神社でした。 ご祭神 スサノオノミコト 多伎都比売命 多伎都比古命 多伎神社は奥の院を含めて3万坪に近い境内。照葉樹林を主とした自然林であるにもかかわらずきれいに整理された森林が古京都を思わせます。また奥の院を水源とする多伎川の清流、神橋中心に紅葉が群生し社殿周辺、朝倉村一体には50基の群集古墳があります。如何に代々大切に守られてきた地域であることかという日本古来の自然信仰の源に触れました。@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ