月別アーカイブ: 11月 2011

焼津神社 鈴木宮司 と 脚本家 木下草介氏

日本武尊のことに関して、深く質問する木下氏と楽しそうに答えてくださる鈴木宮司のそばにいるだけで、こちらがワクワクドキドキ・・・皆様にもお裾分けできる日をご期待くださいね。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

焼津神社

409年に創建された焼津神社は、日本武尊(ヤマトタケル)が東方征伐の際に、この地の国造が謀って野原に火を放ち窮地に陥らせました。しかし、日本武尊は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ→日本書紀では草薙剣クサナギノツルギ)で周囲の草を薙ぎ払い難を脱したのがこの地であり、その日本武尊を主祭神として祀っている神社です。  @ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

いのししの手水舎護王神社

NEC_1701.jpg

京都 護王神社 京都御苑の西側を通る烏丸通に面した神社です。平安京造営に貢献した、和気清麻呂がお祀りされています。和気清麻呂が宇佐八幡宮を訪れる際、300頭の猪が清麻呂を宇佐まで案内し、足の病気が治ったという故事から、狛犬ならぬ『狛猪』手水舎にもイノシンですw(°O°)w足、腰のお守りがあります。また別名子育て明神とも呼ばれ、地元では育児の神様としても信仰を集めているそうです。@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

花窟神社 氏子さんたちの御綱制作作業

次の日の【御綱掛神事】のため、日本一長い170メートルの大綱を45メートルの高さのご神体の巨巌から境内南隅にある松の御神木に渡します。神代の時代にはイザナミとヒノカグツチが別れ別れになったのを、この御綱で繋いでいるのでしょうか。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

花窟神社 御綱掛神事

平成21年、公演でお世話になりました花窟神社へ立ち寄ったところ、年に二回の大祭【御綱掛神事】の前日でした。この神社はご神体がなく、熊野灘に面した巨巌をご神体としておりますが、その巌の大きいこと!一枚巌で高さが45メートルもあり、国道からもすぐわかる大きな巌です。  真ん中の写真、下のところには奉職されている山川宮司もおられて明日の準備の最中でした。  @ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

水野真紀さんからお礼状が届きました

201110312212000.jpg

楽屋見舞いにうかがった際に、水野さんが話していましたことは〔二十年以上前から、この舞台「細雪」を見てきて、いつか出演したいと思い続けてきました〕という想いがとても伝わってきたことや実現にいたったことが嬉しいという素直な感想を聞き、さらに頑張ってほしいと願った次第です。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ