月別アーカイブ: 4月 2012

生田神社

NEC_1066.jpg

青空に朱が映える生田神社鳥居です。平成21年に語り舞台公演でお世話になった境内に参拝に訪れたところ、加藤宮司にもご挨拶することができました。いつうかがっても境内は参拝客でいっぱいです。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

古事記語り三上博史さん

NEC_1994.jpg

四月十一日 正遷座百二十年大祭の奉納行事として 俳優三上博史さんによる語り「神武天皇」が奉納された。昨日までの晴天から変わり朝から雨が続く 熊野の大神さまのお喜びの雨と宮司の挨拶のあと、NHK大河ドラマ「平清盛」で鳥羽上皇を演じる三上博史さんの語りが催しされた。十六日まで毎日記念行事があるそうです@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | 1件のコメント

熊野本宮大社遷座祭前のたたずまい

NEC_1055.jpg

遷座祭や奉幣祭の模様をすでに御覧いただきましたが、その前日、これから毎日多くのかたが神事や奉納行事にお越しになる前の境内の趣きあるところに幸運にもうかがうことができましたので、こちらの画像も御覧ください。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

熊野本宮大社奉幣祭

NEC_1983.jpg

四月十日は奉幣祭 天皇陛下からの幣帛を奏り斎行されました。神社本庁副総長が参向して斎行され神社本庁総長、本庁統理、出雲大社宮司はじめたくさんの方々が玉串を捧げました。これを皮切りに来年の四月まで様々な神賑行事がおこなわれます。@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

熊野本宮大社正遷座百二十年大祭

NEC_1973.jpg

明治二十二年大水害から百二十年の甦りをお迎えする大祭が四月九日 夜八時から斎行され祝詞奏上ののち「御」が奉安され神前に神饌が供えられ九鬼宮司が祝詞を奉上。その後参列者の代表が玉串を奉り拝礼をおこないました 。熊野の夜は満天の星空。風もなく神々に見守られている感じがしました。日本の再生〜 歩き出そう日本が熊野本宮大社から発信されました。@日本神話語り管理人

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

天皇皇后両陛下

NEC_1052.jpg

演奏会第二部第62回神宮式年遷宮奉祝曲 交響詩《浄闇の祈り》の演奏が始まる前に天皇皇后両陛下がご入場され、場内は感動の嵐。私自身とめどなく流れる涙が嬉しいと感じた瞬間でした。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

伊勢神宮式年遷宮奉祝演奏会

NEC_1049.jpg

来年に迫った式年遷宮において、伊勢神宮の姿を西洋音楽の基盤であるクラシック音楽で表現することを読売日本交響楽団の協力によりサントリーホールにて実現した演奏会に参列させていただきました。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ

語り舞台スタッフのおふたり

NEC_0439.jpg

とても久しぶりにお会いした共立の照明チーフの春山さんと音響チーフの古藤さん。お二人には2003年伊勢神宮・出雲大社公演から語り舞台技術スタッフとしてお世話になっております。次回もよろしくお願いします。@ナビゲーターZ

カテゴリー: スタッフ日誌 | コメントをどうぞ